結婚式のウェディングドレスはレンタルしたほうがお得?

なるべくこだわりたい結婚式のウェディングドレスは、購入かレンタルの2択になります。母から娘へと伝えられる素敵なドレスもありますが、大部分の人は購入するべきかレンタルするべきかで悩むことが多いです。そんな悩みを解消するために、どちらを利用するのがお得なのか確認していきましょう。

 

花嫁さんの8割以上はレンタルを利用

結婚専門情報誌が公表している統計よると、花嫁さんの8割以上はウェディングドレスのレンタルを利用してます。逆に、ウェディングドレスの購入に踏み切る人は、2割以下。ウェディングドレスのレンタルは、先輩の花嫁さんたちから高い人気を得ています。

 

購入するよりもお得なことが多い

花嫁さんがウェディングドレスのレンタルを選ぶ理由は、購入するよりもお得なメリットが多いことにあります。予算が安くなることはもちろん、ウェディングドレスの価格以外にも、レンタルならではのメリットがあるのです。

実際に8割以上の花嫁さんがウェディングドレスを購入するメリットと比較して、レンタルを選んでいることになります。気になる人はレンタルならではのメリットをチェックして、素敵な結婚式を迎えるのに役立てましょう。

 

幅広いドレスのレンタルができる

ウェディングドレスのレンタルでは、幅広いドレスの選択が可能です。ウェディングドレスは、主に4つのレンタル先から探すことになります。結婚式会場のショップ・会場の提携ショップ・外部のショップ・ネットショップの4ヶ所です。

それぞれのショップに特色があるので、いろいろチェックすればドレスの選択肢もかなり増えます。シンプルな既製品だけでなく、有名ブランドのものやデザイン・パーツ・サイズがカスタマイズできるオーダーメイドのレンタルも可能です。あちこち探して、好みの一着を見つけ出していきましょう。

 

ウェディングドレスのレンタルがおすすめされる理由

 

予算が安くなる

予算が安くなることが、ウェディングドレスのレンタルをおすすめされる最も大きな理由です。式場の成約特典でレンタル料が安くなることはもちろん、提携を結んでいない外部ショップの利用でもドレスの予算は抑えられます。

素材やブランドなど、同じレベルのウェディングドレスなら、レンタルのほうが断然安い予算で準備できます。また、高品質のオートクチュールドレスも、レンタルなら購入するよりも手ごろな予算で着られるので人気です。小物も一緒に手配できるショップも多いので、ウェディングドレスとあわせて選んでみましょう。

 

クリーニングの心配がいらない

ウェディングドレスを使った後にクリーニングの心配がいらないことも、レンタルが人気となっている理由のひとつです。ウェディングドレスの素材はデリケートなものばかりなので、自分で洗濯するのはあまりおすすめできません。汚してしまった場合、別途クリーニング代を請求されることはありますが、レンタルならショップに任せられるので安心です。

 

保管場所の心配も無用

保管場所の心配が無用になることも、ウェディングドレスのレンタルがおすすめされる理由になります。思い出のウェディングドレスは大切に保管しておきたいものですが、場所をとるので意外に大変です。ボリュームのあるドレスがクローゼットの大部分を占領したり、布地の品質を落とさないようにお手入れが必須になったりします。

さらに、ウェディングドレスの保管に失敗するとシミやカビのリスクも生じるので、諦める人が多いです。一方、レンタルならウェディングドレスを返すだけで済みます。保管に悩む心配はないので、活用しましょう。

 

ウェディングドレスをレンタルするデメリット

 

好きなドレスが借りられない可能性がある

ウェディングドレスのレンタルには、好きなものが借りられない可能性があります。レンタルは基本的に早い者勝ちであるためです。借りようか悩んでいるうちに違う誰かにレンタルされてしまうケースは、よく見られます。

 

多少の妥協が求められることもある

ウェディングドレスをレンタルする際に、多少の妥協が求められることもあります。既製品のアイテムがメインなので、デザインやサイズなどで必ずしも理想どおりといかない可能性があるためです。オーダーメイドでレンタルする方法もありますが、価格が高くなるため予算と折り合わなければ借りるのは難しくなります。完全に自分好みのドレスを探すのは難しいことを、覚えておきましょう。

 

自由な使い方は難しい

ウェディングドレスをレンタルした場合、購入よりも使い方の自由度が下がります。汚れる可能性があるので、屋外での結婚式やドレス撮影など注意が必要です。また、海外で結婚式を挙げて日本で披露宴をするという形式のブライダルだと、2回レンタルする必要も出てきます。ドレスによっては、2回レンタルするよりも購入したほうが安いこともあります。

 

ウェディングドレスレンタルの料金相場と平均

ウェディングドレスのレンタルで気になるのが、料金相場と平均です。結婚式全体の予算をはっきりさせるためにも、どの程度の料金でどんなドレスが借りられるのかの相場を知っておきましょう。シンプルな既製品から、有名ブランドのオートクチュールまでの料金相場の平均を紹介します。

 

レンタルは数万円から可能

ウェディングドレスのレンタル料金は、数万円から可能です。シンプルなウェディングドレスで安く抑えたいのであれば、5万円以下で借りられるショップもたくさんあります。なかには、小物のレンタル料金込みで5万円以下の価格に抑えられるショップも見られるので、探してみましょう。

有名ブランドのウェディングドレスやオーダーメイドレンタルの利用で、100万円近くになることもあります。それでも、同じレベルのドレスを購入するよりお手軽だと人気です。ウェディングドレスのレンタル料金は幅広いので、手ごろだと思うものを選んでください。

 

既製品レンタルの平均

結婚専門情報誌の調査によると、既製品のウェディングドレスレンタルの料金相場は、28.6万円が平均です。既製品レンタルとは、既成デザインのドレスで自分のサイズに合ったものを選ぶ方法です。料金相場がリーズナブルであるうえに選べるドレスの種類が最も多いことから、花嫁さんからの人気が高いレンタル方法になっています。

 

オーダーメイドレンタルの平均

オーダーメイドレンタルの料金相場の平均は、43.8万円になります。オーダーメイドレンタルの料金は、サイズ調整やデザイン、パーツのアレンジなどで価格がアップしていくのが特長です。シンプルに仕上げれば相場の平均よりも下げられますし、こだわりを持てばその分だけアップします。

 

ウェディングドレスレンタルで人気の東京のショップ(2022年10月末現在)

 

DRERICH(ドレリッチ)

東京で人気のショップのひとつが、『DRERICH』です。レンタルドレスの専門店で、1万点のアイテムが揃えられています。本格的なウェディングドレスにカラードレス、二次会用のカジュアルウェディングドレスまで幅広く手掛けていることが特長です。

とくに人気なのがリーズナブルな価格設定で、カジュアルウェディングドレスであれば1万8千円台からのレンタルプランがあります。たくさんのドレスの中から、とっておきの一着を選びましょう。

取り扱い 結婚式・披露宴・1.5次会・2次会用ウェディングドレス
レンタル料金 1万8千円台から
ショップ DRERICH表参道店(東京都渋谷区神宮前3-6-20)
 

TIG DRESS(ティーアイジードレス)

『TIG DRESS』も、東京で人気のウェディングドレスのレンタルショップです。おすすめの理由は、自宅での試着が可能な点にあります。東京の遠方に住んでいたり、忙しくてショップまで試着に行けなかったりする人に人気となっています。タキシードとのセットでの試着もOKなので、活用しましょう。ウェディングドレスのレンタル価格も3万円台からとお手頃ですし、初回成約特典もあります。

取り扱い 人気ブランドのウェディングドレス・カラードレスなど
レンタル料金 3万3千円から
ショップ ウェディングドレスレンタルTIG DRESS(東京都墨田区錦糸2-13-5 MPCビル2階・3階※受付)
 

ブライダルハウスTUTU(チュチュ)

東京のショップでインポートドレスをメインにウェディングドレスを選びたい人は、『ブライダルハウスTUTU』がおすすめです。レンタル料金の価格帯は18~40万円とここまで紹介したショップより高めですが、有名ブランドのレンタルが可能になっています。

また、ブライダルハウスTUTUが提携していない会場でも、全国に無料でドレスを配送してくれるサービスがあるのも魅力的です。東京に住んでいなくても、レンタルしやすいと人気を集めています。

取り扱い トレンドインポートドレス・有名ブランドのドレスなど
レンタル料金 18~40万円
ショップ 青山サロン
(東京都渋谷区神宮前6丁目12-20 J6フロントビル3F)
銀座サロン
(東京都中央区銀座4丁目9-13 銀座4丁目タワー2F)
 

YUMI KATSURA(ユミカツラ)

東京のウェディングドレスレンタルは、口コミ評価も高いブランド『YUMI KATSURA』のショップもおすすめです。オートクチュールドレスと同品質のドレスをレンタルできると、高い人気を誇っています。レンタル料金は30~80万円となりますが、高品質のウェディングドレスを選びたい人から支持されるショップです。

取り扱い オートクチュールと同品質のウェディングドレス
レンタル料金 30~80万円
ショップ 東京本店(東京都港区南青山1-25-3)
 

和ドレス・ウェディングAngel Kiss(エンジェルキッス)

『和ドレス・ウェディングAngel Kiss』は、着物リメイクのウェディングドレスがレンタルできる東京のショップです。和風の結婚式をイメージしている人におすすめで、サイズ直しのオーダーレンタルも可能となっています。レンタル料金は10万円台からです。

取り扱い 着物リメイクのウェディングドレス
レンタル料金 10万円台から
ショップ Angel Kiss(東京都荒川区3-47-11)
 

ウェディングドレスをお得にレンタルするポイント

 

ブランドや素材を吟味する

ウェディングドレスをお得にレンタルしたいなら、ブランドや素材を吟味するようにしましょう。ドレスの料金はブランドと素材で決まるため、より安いものを探せばお得になります。基本的に、インポートドレスよりも国内ブランドのほうが安くなっています。シンプルなデザインで、シルクよりも化学繊維の素材を使ったものがよりお得です。

 

ショップのキャンペーンや特典を利用する

ウェディングドレスのレンタルには、ショップや時期によってお得なキャンペーンがあります。初めての来店で契約すると小物レンタル料金が無料になる特典や、割引クーポンがもらえるキャンペーンなどさまざまです。ショップごとにチェックして、自分に合ったものを利用してください。

 

結婚式会場の成約特典を利用する

結婚式の会場選びの際に、成約特典を利用してウェディングのレンタルをお得にする方法もあります。式場によっては、「ドレスのレンタル代無料」「ドレス2着目から半額・割引」といった特典が見られます。交渉しながら、よりお得な特典を引き出すのもよいでしょう。

 

ウェディングドレスをレンタルするときの注意点

 

レンタル料金の詳細に注意

ウェディングドレスをレンタルするときは、料金の詳細に注意してから選びましょう。小物料金は含まれているか、追加料金の心配はないか、破損や汚れの際の別途料金はいくらなのかなど、チェックすべきポイントはたくさんあります。うっかり見落とすと、予算外の出費になる可能性があるので気をつけてください。

 

外部ショップのドレスは持ち込み料に注意

結婚式会場や会場の提携外のショップでウェディングドレスをレンタルした場合、持ち込み料が発生することがあります。外部ショップのドレスをレンタルする可能性がある場合は、式場を決める際に持ち込み料の有無を事前に確認しておくとよいでしょう。交渉次第では、契約の前に持ち込み料を無料にできることもあります。

 

試着でしっかりと好みのドレスを選ぶ

ドレス選びでは、試着をしっかりしておくことが大切です。いざ本番で使ってみると、イメージと違っていたり、思わぬトラブルが起こったりする可能性があるためです。試着をしっかりせずにレンタルして、本番で「こんなはずじゃなかった」とならないよう注意しましょう。

試着のときは、本番のイメージに近いヘアスタイル&メイクで臨んでください。スマホでドレス姿を360度撮影すれば、客観的に雰囲気をチェックできます。また、動きに問題がないかを、試着しながらチェックすることもおすすめです。歩く・座る・お辞儀するなどの動きを一通り試して、着心地を確かめてから選びましょう。

 

ウェディングドレスはレンタルするのが便利

ウェディングドレス選びでは、購入かレンタルかで悩んでしまいます。傾向としては、予算や保管場所の兼ね合いでレンタルが選ばれることが圧倒的に多くなっています。オーダーメイドや豊富な小物オプションが揃っているので、購入と比較しても選択肢の幅は広がっていて便利です。一生の思い出に残るドレスだからこそ、好みのものがレンタルできる場所を押さえて、とっておきの一着を選びましょう。

 

関連記事

卒業式には華やかな一着を。おすすめの袴レンタル通販サイトを紹介!

高校や大学の卒業式は、袴姿で出席したいと思っている人も多いのではないで

関連記事

コスパ良く即借りられる!スーツレンタルのおすすめネットサービスと料金相場をご紹介!

リモートワークの普及によりスーツを着る機会が減ったという人が多いなか、

関連記事

お呼ばれに着るフォーマルドレスは買うよりレンタル?ネットレンタルのメリットとサイトをご紹介!

結婚式への参列や二次会、パーティーのお呼ばれにフォーマルドレスは欠かせ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード