スタッドレスタイヤをレンタルするメリットとは?

 

①必要なときだけ利用できる

スタッドレスタイヤのレンタルサービスは利用期間に合わせて料金を支払うシステムなので、必要なときだけ利用できます。そのため、購入するよりもコスパよくスタッドレスタイヤを活用したいという人におすすめです。

 

特に冬でも降雪量が少ない地域では、スタッドレスタイヤを使う頻度が少ない傾向にあります。降雪量が少ないにもかかわらず購入してしまうと、取り付け用の工具を揃えたり保管場所を確保したりなど、余計なコストがかかってしまいます。その点スタッドレスタイヤのレンタルサービスでは、利用期間に合わせたプランを展開している専門店が多くあります。短期間の利用も可能なため、急に降雪量が多い地域へ行くことになったときでも安心です。

 

②保管・メンテナンスの必要がない

スタッドレスタイヤは非常にデリケートで、直射日光や雨・湿気などに晒され続けると、ホイールやゴム部分が劣化してしまいます。そのため、スタッドレスタイヤを購入した場合には、劣化しないように保管方法・場所に配慮する必要があります。しかしスタッドレスタイヤをレンタルする場合、使った後は専門店に返却するシステムになっているため、保管やメンテナンスの手間がかかりません。

 

また、購入したスタッドレスタイヤがホイールやゴムの劣化によって使えなくなったときには、自分で廃棄しなくてはいけません。スタッドレスタイヤは廃棄物処理法において「適正処理困難物」に指定されているので、特定の施設・専門店で廃棄依頼をする必要があります。

 

廃棄時は、1本あたりの相場で1,000円程度の料金がかかります。よって、スタッドレスタイヤの使用頻度が少ないと、割高になってしまうのです。その点レンタルサービスのタイヤの管理は専門店側が行うため、廃棄・メンテナンスの費用もかかりません。

 

③タイヤ交換に必要な道具・スペースも借りられる

スタッドレスタイヤは降雪量の多い地域での走行に対応しているため、通常の道路を走行する際はタイヤの交換が必要です。スタッドレスタイヤを購入した場合、道具の用意・取り付け作業は自分で行うことになります。

 

自身で作業を行うと、取り付け時に余計な手間とコストがかかってしまうことも少なくありません。レンタルサービスでは交換スペースや道具も一緒に借りられる場合が多いため、よりスムーズに交換ができます。

 

また、レンタル料金・工賃を払うことで、利用時にタイヤとホイールの交換を任せられるサービスや専門店もあります。車にあまり詳しくない方や自分で作業するのは不安だという方は、ぜひ活用してみましょう。

 

④さまざまなメーカーのスタッドレスタイヤを試せる

 

スタッドレスタイヤはさまざまなメーカーが展開しており、機能性・走行時の使用感が少しずつ違います。レンタルサービスを活用すれば、数多くのメーカーのスタッドレスタイヤを安い工賃で試せます。レンタルを通して、自分が使いやすいメーカーのスタッドレスタイヤを探すことも可能で、購入を検討する時の参考としても利用できます。

 

スタッドレスタイヤのレンタルサービス・専門店を選ぶときのポイントは?

 

①自分の車に合うサイズのタイヤがあるか?

初めてスタッドレスタイヤのレンタルサービスを利用する場合、その店舗に自分の車に合うサイズのタイヤがあるか確認しましょう。車のデザインや車種によってタイヤのサイズは異なります。

 

サイズが合わないものを使うとスピードメーターが正しく計測できなくなったり、加速・減速性能が変化したりするため大変危険です。サイズは、装着中のタイヤの側面に書かれた数字や記号で判別できます。取り扱っているタイヤのサイズの種類は各店舗のWebサイトなどに掲載されていることが多いため、利用前にチェックしましょう。

 

②レンタル可能なスタッドレスタイヤの種類は?

スタッドレスタイヤには、雪上性能が優れているものや氷上性能に特化したものなどがあります。そのため、自分が想定する利用シーンに合ったタイヤがレンタルできる店舗を選びましょう。特に降雪量の多い地域へ出かける場合は、雪上・氷上性能に加えて高速安定性・静粛性に優れたものがあるか確認しましょう。

 

③レンタル期間に柔軟性はあるか?

宿泊を伴う旅行などでスタッドレスタイヤをレンタルする場合は、レンタル期間をしっかりチェックして選びましょう。レンタル期間は店舗によって異なっており、長さによって料金の相場も変化します。日帰りや短期間利用ができるショップもあるため、自分が利用したい期間に合わせてレンタルできる店舗を選びましょう。

 

④レンタルプラン・料金体系はどうなっているか?

コスパを重視したい場合は、レンタルプラン・料金体系で選ぶことも大切です。スタッドレスタイヤをレンタルする場合、一般的にはタイヤのレンタル料に必要な基本料金に加え、脱着工賃・一時保管料金が課されます。

 

一時保管料金とは、スタッドレスタイヤに交換した後のノーマルタイヤを専門店が保管する手数料のことです。レンタル期日を超過・延長した場合は追加料金が課されます。レンタルサービス全体の料金が、予算イメージに合うかどうかをチェックしてから選びましょう。

 

スタッドレスタイヤをレンタルする時の料金の相場は?

 

1泊2日のレンタルで6,000~10,000円が相場

スタッドレスタイヤのレンタルサービスでは1泊2日のレンタルが一般的であり、利用期間に合わせて料金が変動します。料金の相場は、1泊6,000~10,000円程度です。一見高めに見えますが、取り付け工賃・保管料金が含まれています。

 

スタッドレスタイヤを購入した場合、タイヤ本体のみ(4本セット)で4~5万円で取り付け工賃・ナット代などが別途必要になります。そのため、使用頻度が少ないのであれば、レンタルサービスを利用した方がタイヤにかかる費用を安く抑えられます。

 

タイヤサイズによって料金の平均は変わる

同じスタッドレスタイヤをレンタルする場合であっても、タイヤのサイズによって料金の相場が変動します。軽自動車・コンパクトカーなどに採用される14インチのタイヤの場合、5,000~7,000円程度が相場です。

 

ワゴンや大型車などに対応する16インチのタイヤでは、7,000~10,000円が相場になっています。このように、タイヤのサイズが1つ違うだけで相場が変わるため、料金で店舗を選ぶ場合は自分が利用している車のタイヤサイズで調べるようにしましょう。

 

東京でスタッドレスタイヤをレンタルできる専門店5選!(2021年10月末現在)

 

①稲城レンタカー

「稲城レンタカー」は、東京都稲城市に位置するレンタカーショップです。レンタカーは1日からレンタルできるうえ、特定の車種専用のスタッドレスタイヤまで揃えている点が魅力といえます。スタッドレスタイヤのみのレンタルも可能です。

 
 

②六郷タイヤー

「六郷タイヤー」は、東京都大田区に位置する創業70年を誇る老舗のタイヤ専門店です。スタッドレスタイヤのレンタルはもちろん、販売・交換・パンク修理など、タイヤに関するさまざまな悩みに対応しています。持ち込んだタイヤの取り付けも行っているため、将来的にスタッドレスタイヤを購入したい場合にも便利です。

 

レンタル時に交換したノーマルタイヤは、無料でエアー調節をしたうえで管理・返却してくれる点も人気のポイントです。車についてあまり詳しくない方はもちろん、心地よい走りを長く楽しみたいという方にもおすすめです。

 
 

③車検のコバック清瀬店

「車検のコバック 清瀬店」は、関東を中心に展開している車検専門店の1つです。レンタルできるスタッドレスタイヤは業界No.1の実績を持つブリヂストンタイヤのみであるため、雪山やアウトドアでも安心して利用できます。レンタルはネット受付も可能なので、急にスタッドレスタイヤが必要になった場合にもおすすめです。

 
 

④タイヤガーデン練馬

「タイヤガーデン練馬」は、ヨコハマタイヤの直営店にあたるタイヤ専門店です。ホイールセットでのレンタルが基本となっており、15~17インチまでのタイヤに対応しています。レンタル期間も柔軟に対応してもらえるため、宿泊を伴う旅行・外出時にもおすすめです。

 
 

⑤タイヤ市場

「タイヤ市場」は世界品質のタイヤを販売している、関東エリアで人気のタイヤ専門店です。スタッドレスタイヤのレンタルサービスでは、国産車・輸入車の両方に対応しています。また、タイヤやホイールの保管・メンテナンスが充実した「タイヤホテルサービス」を実施している点も魅力です。タイヤを一時的に交換したいときはもちろん、購入したタイヤの管理方法に困ったときにも活躍してくれます。

 
 

スタッドレスタイヤをレンタルするときに注意すべき点とは?

 

レンタル期間は余裕を持って設定しよう

スタッドレスタイヤをレンタルする場合、あらかじめ設定された期日までに店舗へ返却しなくてはいけません。そのため、レンタル期間を必要な日数ぴったりに設定してしまうと、外出先でのトラブルなどで返却期日に間に合わなくなることがあります。

 

返却期日を超過してしまうと、延滞金・交換手数料などの追加料金が課せられる場合があるため、レンタル期間を設定する際は必ずゆとりを持たせておきましょう。目安としては、スタッドレスタイヤが必要な日数に1日プラスした期間の設定がおすすめです。

 

年末年始は料金が高くなることもある

スタッドレスタイヤのレンタルサービスを利用する場合、帰省ラッシュなどによって年末年始は店舗が混雑する傾向にあります。店舗によって年末年始のサービス料金が通常よりも高くなったり、別途プランが用意されていたりすることも多いです。年末年始にタイヤをレンタルする場合は事前に予約を取っておくとともに、料金体系が変わっていないかを必ずチェックしましょう。

 

スタッドレスタイヤをレンタルして雪道を快適にドライブしよう

 

スタッドレスタイヤのレンタルサービスは必要なときだけ利用できるため、購入するよりもコスパがよくなることがあります。今回ご紹介したスタッドレスタイヤのレンタルができる専門店を活用しながら、快適なドライブを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード