定額で住み放題!サブスクサービスの魅力って?

ライフスタイルに合った使い方を知ろう!

定額住み放題サブスクリプションは、あらゆる場所へ気軽に宿泊しながら生活できる人気のサービスです。しかし、自分のライフスタイルにピッタリなサービスを選ばなければ、気軽な生活は送れません。当記事では、定額住み放題サービスの選び方やメリット、魅力を紹介します。自分に合ったプラン探しの参考にして、住まいに縛られない生活を手に入れましょう。

 

定額住み放題ってどんな仕組み?

定額住み放題はこんなサービス!

定額住み放題サブスクリプションは、基本的には定額の料金で提供されている住居に住めるサービスです。住まいを提供している会社にもよりますが、電気代やガス代、水道代を含んだ月額利用料金で何度も移動しながら生活できます。生活するうえで必要なものが全てそろっているため、体ひとつで日本全国どこにでも暮らせる新しいライフスタイルです。

定額で住み放題サブスクサービスの魅力!

サービスによって、同伴者と一緒に利用できたり個室を利用できたりと、使い方はさまざまあります。自分のライフスタイルに最適な定額住み放題サービスを見つけると、月額料金だけで住居を変えながら自由な暮らしができます。また住居の管理人や利用者、地域に住む人と交流を持てるのも、定額住み放題サブスクサービスの魅力です。

 

メリットやデメリットを知っておこう!

定額住み放題のメリット

定額住み放題には、賃貸住宅などでは得られないメリットが豊富にあります。ここからは、サブスクリプションサービスのメリットについて紹介します。

メリット1:初期費用がいらない

賃貸住宅や持家の場合は敷金や保証金、住宅購入資金など、数十万から数百万の費用を準備しておかなければなりません。さらに、生活を送るうえで欠かせない家電や引っ越し費用などのお金も必要です。定額住み放題であれば初期費用は基本的に必要なく、かかる場合でも賃貸住宅や持家よりも圧倒的に安価なコストで宿泊できます。

メリット2:基本的な光熱費や通信費が含まれている

月額利用料金の中には光熱費やテレワークなどに欠かせないネット費用等が含まれている場合がほとんどです。通常のライフスタイルでは住まいを変えるごとに契約手続きをしなければなりませんが、そういった面倒を省いたうえで生活できます。固定費が月額利用料金に含まれていることで、支出管理しやすいのもメリットです。

メリット3:気軽に住む場所を変えられる

毎月の定額料金を支払うだけで、好きな場所へ気軽に住まいを変えながら生活できます。例えば、オフィスのある東京には数日だけ暮らし、普段は地方のシェアハウスを移動しながら生活するといった、家に縛られないライフスタイルの実現が可能です。

メリット4:いろんな人と交流できる

定額住み放題サービスや提供している住居ごとに、相部屋や共同スペースが用意されている場合があります。共同スペースなどで出会う人々と交流できれば、仕事・プライベートを問わずに人生の幅を広げられます。実際に交流を目的のひとつとしている利用者も多く、定額住み放題サービスの人気ポイントです。

メリット5:居住空間として落ち着いて使える

定額住み放題サービスを利用すると、居住空間として落ち着いて使えることも魅力です。ホテルや旅館のような宿泊施設と比べて、チェックイン・チェックアウトなどの時間的な制約が利用期間中はありません。また、日常生活で大切な設備の不足も少なく、快適な毎日を過ごせるのもメリットです。

定額住み放題のデメリット

利用の仕方によってはデメリットを回避できるのですが、サービスの性質により避けられない問題もあります。ここでは、気になる定額住み放題のデメリットを確認しておきましょう。

デメリット1:予約が必須

定額住み放題といっても、事前の予約が必須です。人気のある住宅の場合は、自分が予定していた日程を変更しなければならない場合もあります。宿泊できる住宅が多いサービスを利用し、予約のルールを事前にしっかりと確認して日程を組みましょう。

デメリット2:相部屋が多い

提供会社によっては個室の用意がなく、ドミトリーのように相部屋で眠らなければならないこともあります。気になる人は、「HafH」や「ADDress」のような個室の提供が多い定額住み放題サービスを検討しましょう。

デメリット3:部屋のアレンジができない

定額住み放題は、提供されている部屋や空間に滞在・宿泊するのが原則です。自分好みの部屋にアレンジできないことは、定額住み放題のデメリットといえます。

 

定額住み放題サービスはこんな使い方ができる!

使い方1:気分のままに

定額住み放題サービスは、月額でいろいろなところに宿泊・滞在する場合がほとんどです。アクセスのよい首都圏に予約したり自然豊かな地方で暮らしたりと、家に縛られない自由な生活を送れます。

使い方2:東京に数日だけ

定額住み放題を提供している会社によっては、月に決められた日数だけ特定の家に宿泊できるプランがあります。普段は地方に賃貸住宅を借りて生活し、出社する必要がある場合だけ東京近郊に滞在するような使い方も可能です。宿泊しなくても、荷物や郵便物を預かってくれます。

 

定額住み放題サブスクサービスの選び方!

サブスクリプションサービスの選び方はここをチェック!

東京や地方に限らず、いろいろな場所を拠点にして生活できるサブスクリプションサービスは魅力的です。最適な選び方を知れば、よりライフスタイルにピッタリなサービスを探しやすくなります。ここでは、定額住み放題サービスの選び方を5つに分けて紹介しますので、チェックしておきましょう!

選び方1:初期費用

定額住み放題サービスによって、保証金や敷金・礼金の有無が異なる場合があります。また、利用するごとに光熱費やネット環境利用料がかかるのかも確認が必要です。

選び方2:提供住居数

提供住居の数が多いほど、住める場所の選択肢が広がります。提供会社によっては特定地域に固まって展開していたり、あらゆる場所に住居があったりします。どこのエリアにどれくらい住居数があるか、自分が住みたい地域やライフスタイルに合った住まいがあるかを必ず確認しましょう。

選び方3:最低契約期間

サービス提供会社によって、最低契約期間が1ヶ月単位だったり1年単位だったりとプランはさまざまであるため、自分のライフスタイルに応じて選ぶ必要があります。併せて違約金の有無も調べておくと安心して利用できます。

選び方4:個室の有無

住居のタイプもサービス提供会社によって、シェアハウスやドミトリーなどさまざまあります。相部屋ではなく個室を希望する人は、どのくらい豊富に提供しているかを確認しておきましょう。個室の提供数が多ければ、個室の予約が取れないといったトラブルを回避しやすくなります。

選び方5:部屋の掃除

掃除の有無もチェックしておきましょう。定額住み放題サービスによっては、共用部や個室の掃除を「自分でする・管理人や清掃業者が行う」などの違いがあります。自分で掃除する場合は、手間がかかりますがその分費用は割安です。管理人や清掃業者が行う場合は時間の節約につながりますが、費用が高めになる傾向があります。

選び方6:予約ルール

サービス提供会社によって、「連続滞在日数の上限」や「何日先まで予約可能なのか」などの予約ルールが異なります。人気がある住宅の場合はなかなか予約が取れないだけでなく、日程の変更をしなければならないこともあります。月額料金プランや住居タイプと併せて確認しておきましょう。

 

定額住み放題サービスのおすすめ3選!(2022年2月末現在)

ADDress(アドレス)

ADDress(アドレス)は、全国に200ヶ所以上の拠点を展開しています。個室を利用したい人におすすめで、女性限定の家もあります。専用個室やベッドプランなどのオプションも豊富で、「家守」と呼ばれるマネージャーが暮らしのサポートをしてくれるため、初めて滞在する地域でも安心でしょう。

ホビモ

ホビモは、2021年5月より開始した定額住み放題サービスです。まだ拠点数は多くないものの、釣りやマリンスポーツなどのアクティビティを楽しめる拠点を中心に家を提供しています。さまざまな趣味やアウトドアを楽しみたい人におすすめです。

HafH(ハフ)

HafH(ハフ)は全国に1,000ヶ所以上もの拠点を有し、豊富なプランを提供しているのが特長です。お試しで1泊利用できる「ライト」プランや豊富な拠点数を上限なしで利用できる「プレミアムプラス」があります。月額は「ライト」が2,980円、「プレミアムプラス」が82,000円となっています。ライフスタイルに合わせてプランを選びたい場合に最適です。

 

住居に縛られないライフスタイルを!

定額住み放題サービスを利用すると、日本全国を自分の家のように生活できるのが魅力です。自分のライフスタイルに最適なサブスクリプションのサービスやプランをチェックして、住まいに縛られない暮らしを実現しましょう。

関連記事

シェアハウスを利用して田舎暮らし体験!?移住や、都会と田舎の二重生活を実現する新しいライフスタイルを考えてみました

田舎暮らしをしてみたいというニーズが20代30代をメインに高まっている

関連記事

【シェア別荘】でお得に必要時だけ利用!気になる購入時との比較や選び方について徹底解説

別荘を手頃な価格で購入したいと思っている方は、シェア別荘を検討するのが

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード