ベッドのレンタルサービスとは?

①ベッド・マットレスが有料でレンタルできるサービス

ふかふかのマットレス

ベッドのレンタルサービスは、ベッド・マットレスが有料で借りられる家具レンタルサービスを指します。単身赴任・学生の一人暮らしなどによって、家具を一新する方も多いですが、全ての家具を買い替えるのは高い費用がかかります。そんな時に「より安い費用で生活に必要な家具を揃えられる」という理由で人気です。

 

②ベッドマットレスと一緒に様々な寝具をレンタルできる

ベッドルーム

ベッドのレンタルサービスで借りられるのは、マットレスだけではありません。掛け布団や枕カバー・敷布団などといった、快適な睡眠をサポートしてくれるアイテムも一緒に借りることができます。サイトによってバリエーションは異なりますが、基本的にクリーニング済み・新品のものを扱っているため、衛生面もしっかりと配慮されています。

 

ベッドのレンタルサービスの魅力・メリットは?

①様々な種類のベッドを試せる

1つ目は「様々な種類のベッドを試せる」という点です。ベッドのレンタルサービスでは、シングル・セミダブル・折りたたみなど様々なサイズやデザインが展開されています。メーカーごとに異なる細かい仕様・素材を体験できることもメリットの1つです。

 

店舗などで実物をチェックしても、実際の寝心地や設置スペースについては確認が難しいです。その点において短期間レンタルを活用することで、様々なベッド・マットレスの実際の使用感を実際に使って試せるのが魅力といえます。

 

②緊急時などでも手軽にレンタルできる

2つ目は「緊急時などでも手軽にレンタルできる」という点です。快適な睡眠に必要なベッドですが、来客が自宅に泊まる場合や、突然のケガ・介護などによってあらためてベッドを用意しなくてはならなくなることもあります。

 

ベッドのレンタルサービスは、そんな緊急時にもスムーズに寝具を用意できるのが魅力です。サイトや利用地域によっては即日対応も可能で、必要なタイミング・期間だけ寝具を借りられるのもメリットといえます。

 

③目的・要望に合ったデザインのベッドを利用できる

3つ目は「目的・要望に合ったデザインのベッドを利用できる」という点です。ベッドのレンタルサービスでは、サイトによって様々なメーカー・デザインのものが手軽に借りられるのが特徴といえます。なかには、ベビーベッドや折りたたみ式の介護用ベッドなど、特定の用途・目的に特化した構造・素材を使った寝具もあります。自分の好みや状況に合わせたベッドを手軽に検索・利用できるのは、ベッドレンタルサービスならではの魅力です。

 

④安い価格・セットでレンタルできる

4つ目は「安い価格・セットでレンタルできる」という点です。ベッドを購入する際には、マットレスだけでなく、フレーム・掛け布団・枕なども一緒に揃える必要があります。そのため、シングルベッドの場合であっても、3~4万円程度かかることも少なくありません。

 

その点ベッドレンタルサービスの場合、マットレス単体はもちろん、他の寝具とセットで借りることもできるため、あらためて自分で購入する必要がありません。費用についてもシングルベッドの場合、1ヶ月で1,500円程度と、購入時に比べて安い料金でレンタルできる点が魅力です。

 

ベッドのレンタルサービスの選び方・ポイントは?

①利用目的

おしゃれなベッド

1つ目の選び方は「利用目的」です。「ベッド」と一言で表しても、ベビー用・ローベッド・収納付きモデルなどといった、様々な種類が展開されています。なかには、介護用ベッド専門のレンタルサービスをはじめ、特定の用途に特化した寝具を扱っているサイトも少なくありません。あらかじめベッドをレンタルする目的を明確にしておくことで、より使いやすいサイト・サービスが探しやすくなります。

 

②料金体系・契約単位

たくさんのコイン

2つ目の選び方は「料金体系・契約単位」です。ベッドレンタルサービスは、基本的には各サイトにて一定のレンタル期間が設定されています。レンタル期間によって実際の料金が変化するため、実際にサービスを選ぶ際には、あらかじめ利用頻度・期間と費用のバランスが取れているかをチェックしておくのがポイントです。

 

何も考えずに長期間レンタルをしていると、費用が割高になってしまうこともあるため、利用頻度が低い場合には1週間・即日レンタルなどを活用するのがおすすめです。介護などで長期レンタルを予定している場合には「定額制(=サブスクリプション方式)」を利用すれば、費用をより安く抑えられることもあります。

 

③選べるベッドの種類

ミニマルなベッドルーム

3つ目の選び方は「選べるベッドの種類」です。レンタルサービスでベッドを選ぶ時には、構造・素材・メーカー・サイズなど様々な観点から見て決めることが大切になります。そのため、各サイトにて選択できるベッドを比較し、希望に合ったベッドが利用できるかを確認しましょう。

 

④配送エリア

たくさんのダンボール

4つ目の選び方は「配送エリア」です。ベッドのレンタルサービスは、様々な地域へ寝具を配送していますが、全てのサイトが全国配送に対応しているわけではありません。都内・関東などといった、特定のエリアのみ配送しているサイトも多いため、あらかじめ自分が住んでいる場所への配送に対応しているかを確認しておくのがポイントです。エリアによって、配送料が変化しやすい点には注意しましょう。

 

⑤買い取り・引き取りサービスがあるかどうか

オンライン購入

5つ目の選び方は「買い取り・引き取りサービスがあるかどうか」です。ベッドレンタルサービスのなかには、期間終了時にレンタルしたベッドを運営会社側が回収してくれたり、借りて気に入ったベッドを購入できたりするシステムを採用しているサイトもあります。

 

そのため、あらかじめ買い取り・引き取りサービスがあるサイトから選ぶことで、レンタル後のやり取りもスムーズにしやすくなります。特に買い取りサービスについては、購入前のお試し感覚でレンタルできるため、今後ベッドの購入を考えている方は特に注目すべきポイントです。

 

ベッドのレンタルサービスを利用する時に気をつける事とは?

①付属品の有無

北欧スタイルの部屋

1つ目に気をつける事は「付属品の有無」です。特にベッドマットレスをレンタルする場合、アイテムやサイトによってはフレームが付属していないこともあります。そのため、実際にレンタルする際には、どのような付属品があるのかをチェックしておくことが大切です。

 

フレームなしでベッドマットレスを使うと、カビや雑菌の増殖に繋がることもあります。常に寝具を清潔に使えるように、ベッドマットレスを単体でレンタルする場合には、フレームも別途レンタル・購入しておくようにしましょう。

 

②返却・キャンセル時の手数料

パソコンで手続きをする女性

2つ目に気をつける事は「返却・キャンセル時の手数料」です。ベッドをレンタルしたものの、諸事情によって急遽必要がなくなるという場合も考えられます。サイトによってはレンタル中にキャンセルをした際、残りのレンタル期間分の料金が発生する場合もあるため注意が必要です。

 

またレンタル期間を超過した時にも、返却時に延滞料金が発生することがあります。どのような状況やタイミングで、延滞料金・キャンセル手数料が発生するかは、各サービスの利用規約などでまとめられているため、レンタル前には必ず利用条件をチェックしておきましょう。

 

③ベッドのサイズ・デザイン

おしゃれな内装

3つ目に気をつける事は「ベッドのサイズ・デザイン」です。一般的にベッドには、シングル・セミダブル・クイーンなどといった、様々なサイズが存在しています。そのため、自分の体型に合ったサイズを選ぶことだけでなく、設置・収納スペースも加味したサイズ選びが大切です。

 

また、レンタルサービスによっても取り合うベッドのデザインにも特徴や幅があります。そのため、どの様な雰囲気の部屋にしたいかを考え、レンタルサービスとベッドを選ぶようにしましょう。

 

おすすめのベッドのレンタルサービス一覧!(2021年8月末現在)

①スタイリクス

1つ目は「スタイリクス」です。インテリアコーディネートショップが手掛ける家具レンタルサービスで、貸し出しだけでなく、気に入った場合は購入も可能になっています。サブスクリプション方式を取り入れており、商品価格の約3%程度の料金でレンタルができるため「様々なベッドの寝心地を試してみたい」という方にもおすすめです。

「スタイリクス」のレンタル可能なベッドの種類
レンタル可能なベッドの種類 マットレス・ベッドフレーム・ソファベッド
 
 

②レンタルプロント

2つ目は「レンタルプロント」です。家具・家電から工具まで、ライフスタイルに合わせた多彩なアイテムをレンタルすることができます。1週間という短期間レンタルにも対応しているため、必要な時だけ利用できるのもポイントです。

 

中古・新品の両方を扱っているうえ、引き出し付きに変更できるオプションなども用意されています。自分好みの使い方をしたい方におすすめです。

「レンタルプロント」のレンタル可能なベッドの種類
レンタル可能なベッドの種類 マットレス・折りたたみ式ベッド・布団セット・寝具セット(マットレスなし)など
 

③CLAS(クラス)

3つ目は「CLAS(クラス)」です。「CLAS」では、家具・家電レンタルサービスにサブスクリプション方式が採用されています。様々な部屋に馴染みやすい、シンプルデザインのベッドやマットレスを揃えている点がポイントです。月額2,000円程度から利用できるため、一人暮らしを始めた学生・新社会人からも高い人気を集めています。

「CLAS(クラス)」のレンタル可能なベッドの種類
レンタル可能なベッドの種類 マットレス・脚付きマットレス・ベッドフレーム・敷布団 など
 

④かして!どっとこむ

4つ目は「かして!どっとこむ」です。一人暮らし・単身赴任向けからファミリー向けまで、様々なライフスタイルに合わせた家具をレンタルすることができます。ベッド本体だけでなく、布団乾燥機・替えカバーセットなどといった、清潔に保つためのアイテムも一緒にレンタル可能なため、衛生面が気になる方にもおすすめです。

「かして!どっとこむ」のレンタル可能なベッドの種類
レンタル可能なベッドの種類 マットレス付きベッド、寝具セット(マットレスなし)・折りたたみ式ベッド・敷布団
 

⑤介護レンタル.com

5つ目は「介護レンタル.com」です。介護用品中心のレンタルサービスで人気の寝具ブランド、「フランスベッド」が手掛けています。起き上がり・車いすへの移動などの、生活のサポートに対応したベッドを数多く揃えているのがポイントです。マットレスの硬さのバリエーションも豊富なため、介護スタイルに合わせての使用ができます。

「介護レンタル.com」のレンタル可能なベッドの種類
レンタル可能なベッドの種類 介護用ベッドセット・ベッドフレーム・マットレス・ベッド用サイドレール
 

⑥airRoom(エアルーム)

6つ目は「airRoom(エアルーム)」です。日本最大級の家具・家電レンタルサービスであり、取り扱っているベッドは収納付きが中心となっています。デザイン性や機能性にこだわっているベッドが多い点が魅力といえます。サブスクリプション方式を採用しているため、長期間のレンタルにも対応可能です。

設置・組み立て・回収は全て運営会社に任せることができ、短期間のお試しレンタルや、部屋の雰囲気に合わない時の返却などにも対応しています。これから一人暮らしを始める大学生・新社会人にもおすすめです。

「airRoom(エアルーム)」のレンタル可能なベッドの種類
レンタル可能なベッドの種類 収納付きベッド・マットレス・ベッドフレーム・折りたたみ式ベッド
 

ベッドのレンタルサービスで心地良い眠りを満喫しよう!

毎日の快適な睡眠をサポートしてくれるベッドは、体格・寝心地・設置スペースなどといった、様々な観点から選ぶことが大切です。様々なベッドが気軽に試せるレンタルサービスは、より自分に合った寝具を探す手助けになってくれることでしょう。これから一人暮らし・単身赴任・介護などでベッドの購入を考えている方は、ぜひレンタルサービスを活用してみてください。

関連記事

家具・家電を借りて利用したい!レンタルの魅力や選び方、おすすめのサービスサイトまで徹底してご紹介!

一人暮らしや単身赴任など新生活を始める時に必要な家具・家電ですが、購入

 

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード