バケーションレンタルとは?

https://unsplash.com/photos/2d4lAQAlbDA?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

オーナーが使わない期間の別荘を借りて宿泊すること

バケーションレンタルとは、別荘やコンドミニアム、古民家などをオーナーが使用していない期間に第三者が借りて宿泊することです。欧米では一般的な宿泊プランで、バケーションレンタルのゲストハウスがホテルと同じように利用されています。ただし、バケーションレンタルの物件は、ホテルのようなコンシェルジュがいないというのが特長です。

 

シェアリングサービスの一つ

バケーションレンタルとは、シェアリングエコノミーサービスで行われる空間シェアの一つです。住宅宿泊事業法(民泊新法)が2018年に施行されたことから国内企業の参入が増加し、バケーションレンタルも人気を集めています。

 

バケーションレンタルのメリット

https://unsplash.com/photos/HKr5cn6S0q0?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

①自宅のように自由に過ごせる

バケーションレンタルの宿泊施設にはコンシェルジュがいない場合も多く、チェックイン・チェックアウトする時間の融通が利きます。また、ホテルや旅館のように周囲に気を遣うことがなく、のんびり過ごせるのがメリットです。

 

②比較的低価格で借りられる

バケーションレンタルは、1軒あたりの料金で貸し出されています。別荘を利用する人数が多くなると、1人あたりの宿泊費は格安です。家族で滞在する場合、ホテルでは多くの費用がかかりますが、バケーションレンタルにすると格安で宿泊できます。バケーションレンタルには期間が長くなると1日あたりの料金が割安になるプランもあるため、長期滞在を希望している人におすすめです。

 

③キッチン付きで食事の自由度が高い

バケーションレンタルの別荘はキッチン付きのものが多いため、好きなものを食べられることや、宿泊する地域の新鮮な食材を食べられることも魅力です。

また、バケーションレンタルでは食事の時間帯を気にすることなく、自分たちのペースでゆっくり食べられるというメリットもあります。バケーションレンタルは、小さな子供がいても食事で周囲に気を遣う必要がないのがよいところです。

 

④洗濯機付きで荷物が減らせる

バケーションレンタルでは洗濯機付きの施設が多く、旅行の荷物が少なくてもよいというメリットもあります。ホテルに頼むクリーニング代を節約できたり、持ち物を減らせたりできるため、長期滞在の人に便利なサービスです。

 

バケーションレンタルの宿泊別荘の選び方

giovanni gargiuloによるPixabayからの画像

①建物のタイプで選ぶ

バケーションレンタルで宿泊できる建物は、別荘やコンドミニアム、古民家などさまざまなタイプがあります。予算やどのような目的で宿泊したいかによって、相応しい建物のタイプを選びましょう。休暇中に日常と異なる優雅な時間を過ごしたい人には、豪華な別荘がおすすめです。オーナーによって別荘の仕様がさまざまなため、趣味が合う物件を選んで心地よい空間で贅沢な休暇を過ごせます。

バケーションレンタルで長期滞在をするのであれば、コンドミニアムがおすすめです。大人数で賑やかに過ごしたいという人にも向いています。コンシェルジュがいる宿もあり、何かあったときに相談しやすいので、バケーションレンタルの初心者に人気があるタイプです。

また古民家のような一軒家では、その土地や家の趣を感じながら過ごせます。リノベーションされていて快適な古民家も多いです。

 

②広さで選ぶ

バケーションレンタルを施設の広さで選ぶのもよいでしょう。宿泊する人数によって、必要な部屋数も変わってきます。別荘やゲストハウス、コンドミニアムなどでは宿泊できる定員が決まっているため、使い方によって適切な広さを選びましょう。

 

③設備で選ぶ

宿泊施設の設備から、バケーションレンタルの物件を選ぶ方法もあります。長期間滞在するのであれば、キッチンや洗濯機など生活するための設備があると便利です。また、贅沢な日々を過ごしたい人には、プール付きやバーベキュー設備があるものなどを選ぶとよいかもしれません。

 

④近隣の環境で選ぶ

バケーションレンタルで長期間滞在する場合、近隣の環境も重要です。食料や消耗品などを自分で調達しなければいけないため、買い出しできるスーパーなどが必要となります。重要なポイントになるので、事前にチェックしておきましょう。

また、宿泊する土地に密着した期間を過ごしたい場合は、アクティビティが楽しめるプランもおすすめです。スキーやスノーボード、乗馬が楽しめるものから、農業体験ができるものまであります。目的に合った体験ができる地域から、バケーションレンタルの物件を選んでみましょう。

 

⑤駐車場の有無で選ぶ

バケーションレンタルを選ぶ際には、駐車場の有無をチェックしておくこともおすすめします。特に長期滞在する場合、食料や消耗品の調達が必要なため車があると便利です。駐車場がない宿では、ほかに駐車場を探す必要が生じたり、料金がかかったりすることもあります。車を利用する人にとっては重要なポイントです。

 

バケーションレンタルのおすすめ宿泊別荘サイト(2022年3月末現在)

お馴染みの宿泊サイトでもバケーションレンタルを中心としたプランも展開しています。

StartupStockPhotosによるPixabayからの画像

①Airbnb(エアビーアンドビー)

「Airbnb」とは、アメリカでバケーションレンタルを立ち上げた会社で、日本だけでなく世界で多くの人が利用しています。宿泊施設を提供するホストと利用するゲストを結ぶ会社で、普段使っていない別荘やゲストハウス、空き家などの物件を提供しています。

自然に囲まれたゲストハウスやペットOKの物件など、目的別に宿泊先を探せるサービスはとても便利です。東京や大阪などの主要都市では、マンションやアパートの部屋をまるごと借りられるサービスも展開しています。また、カスタマーサポートは24時間365日対応しているので、万が一問題が発生した場合でも安心です。(日本語対応サポートは8~21時)

 

②一休.com

「一休.com」のバケーションレンタルとは、厳正な審査をクリアした施設のみを掲載している予約サイトです。別荘、ヴィラ、コンドミニアム、古民家などの高級な宿泊施設に特化しています。豪華な建物で贅沢な休暇を過ごしたいという人に、人気が高いサイトです。

また、コンシェルジュやフロントを配置している宿泊施設も掲載されているので、初めてでも安心して過ごせる宿を探している人にもおすすめできます。さらに、バケーションレンタルの設備や常備してあるアメニティの種類など細かく記載されているので、旅行の準備をする際に便利です。

 

③Booking.com(ブッキングドットコム)

「Booking.com」はオランダのアムステルダムで設立された会社で、世界中の多くの人が利用する旅行ECサイトです。バケーションレンタルの物件は、ゲストハウスやヴィラ、リゾートホテルなどの豪華なものから格安なものまで、さまざまな宿泊施設が予約できます。ほかにはないユニークな宿に泊まれるのもポイントです。

日本の予約サイトのヘルプセンターでは、カスタマーサービスの電話はもちろん、チャットサポートも24時間体制で対応しています。また宿泊先だけでなく、旅行先でのアクティビティや交通手段をまとめて手配できるのも利点です。日本では東京や大阪、京都などを中心として、多くの地域でサービスを展開しています。

 

④Relux(リラックス)

「Relux」は、日本各地から選び抜かれた宿泊施設のみを紹介しているサイトです。料理やお風呂、おもてなしなどを独自の基準で審査し、5つのグレードに分類しています。一番高いグレードの「MUSEUM」は、極上の体験ができる宿泊施設です。「CASUAL」は地域での満足度が高く、比較的安価で楽しめる宿泊施設となっています。

また、バケーションレンタルの予約は、エリアとテーマから探せるのが便利な点です。一棟貸切の別荘や南国リゾート、ペットと泊まれるなど、テーマごとに6つの宿のタイプがあります。旅の目的に合った宿泊施設が探しやすいのが、メリットの一つです。

 

⑤Expedia(エクスペディア)

「Expedia」は、アメリカのワシントン州で設立されたオンライン予約サイトです。世界統一価格になっているため、日本特有の休日のお盆やゴールデンウィークも、格安で予約できます。航空券とホテルを同時予約するとホテル代が割引になることや、航空券の予約手数料が無料のサービスがあるのも特長です。

バケーションレンタルを予約する際には、別荘やゲストハウス、古民家などのグレードやベッドルームの数によって選ぶ方法があります。沖縄のようなリゾート地だけでなく、東京や大阪、京都などの都市部でも物件が豊富です。また、カスタマーサポートでは日本語による電話や電子メールに、年中無休で対応してくれます。

 

バケーションレンタルの注意点

Robin HigginsによるPixabayからの画像

①問題が発生したら自力で解決しなければならない

バケーションレンタルは、何か問題が生じたときに自分たちで解決しなければなりません。基本的にホテルのようなコンシェルジュがいないため、急なトラブルに困ってしまうこともあります。宿泊サイトや仲介業者のサポート体制を、予約前にチェックしておくことが大切です。

 

②保証金やクリーニングの費用がかかる場合がある

バケーションレンタルの価格は、物件を借りるための料金です。格安の別荘を借りたとしても、何かあった際の保証金やクリーニングの費用がかかる場合もあります。宿泊サイトのHPに記載されているので、事前にチェックしておきましょう。

 

③消耗品は自分で調達する

バケーションレンタルは、アメニティやトイレットペーパーの補充がありません。そのため、消耗品がなくなったら自分で調達する必要があり、長期滞在する場合は調達できる場所を事前に調べておくと便利です。

 

④掃除を自分でしなければならない

ホテルと違いバケーションレンタルではルームクリーニングがないため、掃除も自分たちでしなければなりません。あくまでも借りている物件なので、部屋にあるものは丁寧に扱い、借りる前の状態に戻すことを意識しましょう。

 

バケーションレンタルで優雅な休暇を過ごそう

NeoMongeによるPixabayからの画像

バケーションレンタルの魅力は、日常とは異なる豪華な物件で生活できるようになることです。宿泊サイトにより、扱っている物件や提供しているサービスに違いがあるので、好みのものを見つけて素敵な休暇をお過ごしください。

関連記事

【シェア別荘】でお得に必要時だけ利用!気になる購入時との比較や選び方について徹底解説

別荘を手頃な価格で購入したいと思っている方は、シェア別荘を検討するのが

関連記事

【ホテル・旅館経営者必見】今話題のワーケーションって?取り入れて売上拡大を目指しましょう

ワーケーションは、働き方改革やテレワークの導入により注目を集めている働

関連記事

シェアハウスを利用して田舎暮らし体験!?移住や、都会と田舎の二重生活を実現する新しいライフスタイルを考えてみました

田舎暮らしをしてみたいというニーズが20代30代をメインに高まっている

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード