ワーケーションが注目される理由

https://unsplash.com/photos/1NEVlrYE-uU?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

ワーケーションとは、旅先で仕事と休暇を両立させる働き方です。企業は、就業スタイルの選択肢の拡がりによる優秀な人材の確保や定着などの課題を抱えています。その問題点を解決することや従業員のモチベーションアップにつながる方法として、ワーケーションが注目されているのです。これは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークが普及したことも影響しています。

また、環境省が国立公園や温泉地の誘客を目的として、ワーケーションの推進を支援していることも理由の一つです。減退した公園や温泉地を利用することによって、地域経済の活性化を目指しています。ワーケーションは、今後定着していくことが見込める働き方です。

人気のワーケーションをプランに取り入れよう!そのメリットとは?

https://unsplash.com/photos/ivfdGY8C_rw?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

宿泊需要の喚起を促すことが期待できる

ワーケーションプランの導入によるポイントは、宿泊需要の喚起を促せることです。ワーケーションプランは土日や長期休暇のときだけでなく、通常の仕事の際は利用が難しい平日や長期滞在などが増えることも見込めます。

リゾートエリアの活性化が見込める

企業単位やプロジェクト単位での誘客を図ることにより、リゾートエリアの活性化が期待できます。地域と連携したアクティビティーの提案や地元観光を紹介することにより、地域と一体化したプランが展開できるのもポイントです。

関係人口の創出

ワーケーションプランは、関係人口を創出するきっかけになるとされています。関係人口は移住した「定住人口」や観光に来た「交流人口」などではなく、地域と多様に関わる人を指す言葉です。ワーケーションプランは何泊以上という定義がなく、一般的に観光旅行より滞在が長期化する傾向にあります。

観光スポットよりも地域に密着した施設の利用や生活圏に触れるケースも多くなり、リピーターを見込めるのがワーケーションプランです。地域の人々とのふれあいや課題を肌で感じる機会が多いことから、気づきが生まれると考えられています。

通信環境の整備や地域観光だけでなく関係人口の創出からも考えると、利用者から得たアイデアをどのように活かすかが重要なポイントです。ワーケーションプラン利用者の客観的な視点は、宿泊施設だけでなく地域にとってもプラスになります。

雇用の安定につながる

ワーケーションプランは、宿泊施設の雇用の安定も見込めます。ホテルや旅館などの宿泊施設が抱える悩みには、需要の繁閑差もあると思います。繁忙期は人手が不足してしまうことがある一方で、閑散期には人余りが生じる可能性もあります。

ワーケーションは仕事と休暇を兼ねているため、生活スタイルを変える働き方です。平日や閑散期の利用や滞在の長期化の傾向により、需要の平準化が期待できます。このことから安定した雇用が見込めるため、時間をかけた人材育成も可能です。

ワーケーションの導入プランを考えよう!

https://unsplash.com/photos/mr0Dp231IEw?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

ワーケーションプランの成功事例

ワーケーションプランを成功させるためには、企業や利用者のニーズに合ったプランを提供することが大切です。適切な利用環境を用意し、お客様が快適に過ごせるようにしましょう。また、どのようなお客様に利用してほしいか、ターゲットを絞ってワーケーションプランを提案するのもおすすめです。

都市部のホテル

都市部のホテルでは、仕事をメインとした利用者が多くなります。テレワークが増えたことで、仕事に没頭できるスペースを確保したいという方が利用するケースです。自宅でははかどらない仕事に対応できるよう、ワーケーションプランで集中できる場所を提供しましょう。

都市部では個人で利用する場合も多いため、格安のプランや機能性を重視したプランなどが人気です。例えば、高級家具と協業しているホテルでは機能的な製品を導入して、効率的な作業をする体験を提供しています。

    プラン例

  • 個室の提供
  • 格安料金
  • 機能的な製品の体験

リゾートホテル

リゾートホテルでは、旅行としての利用目的をより重視する利用者が多くなります。家族サービスや夫婦で旅行しながら仕事をする方も多く、客室とは別に仕事部屋があると親切です。別行動になった家族には、リゾートホテルのメリットを活かしたプランを提供しましょう。

例えばテレワークに大自然の散策を合わせたプランや、グランピング体験ができるプランなどは、家族の満足度が高くなります。また、長期滞在を提案しているワーケーションプランも、お得な価格で宿泊できるため人気です。

他にも、会社のメンバーやチームなどで利用する場合もあります。会社では雑務に追われて、プロジェクトが進まないという場合にワーケーションプランを利用するケースです。短期集中でプロジェクトを進められるため、チーム合宿に適した環境を整備しましょう。

    プラン例

  • ワークスペースを提供
  • 大自然の散策
  • グランピング体験
  • ワーケーション専用の料理を用意
  • 高級アメニティセットつき
  • 長期滞在の提案

リゾートホテルでは、タイムシェアで長期滞在するプランもあります。タイムシェアとは、リゾート施設を利用する期間に応じた分だけの経費を負担するという考え方で、提携しているリゾートホテルの中から、好きなときに好きなところで宿泊できるシステムです。宿泊料金をポイントに換算して利用します。そのポイント内であれば、広々とした客室がいつでも利用できるのがメリットです。

また温泉を楽しんだりビーチで遊んだりなど、目的に合わせて好きな宿泊場所を選べます。会員になると一般的なスイートルームと比較して、リーズナブルに滞在できるプランです。長期滞在向けのプランを考えている場合には、安定した利用が見込めます。

プラン設計の4つのステップ

https://unsplash.com/photos/9l_326FISzk?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

ステップ1|料金設定・サービス内容を決定

ワーケーションのプラン導入には、料金設定やサービス内容の決定が大切です。独自のプランを作ることによって、他社と差別化できます。宿泊施設内の通信環境の整備やセキュリティ対策、テレワークスペースの確保などは基本です。生活面においては、連泊対応の宿泊メニューや泊食分離などにも対応できるようにしておいた方がよいでしょう。

また、休暇を楽しめるプログラム面にも独自性を出しましょう。利用者が気軽に楽しめるようなプランや、地域に密着したプランがおすすめです。ワーケーションプランを導入する際に地域が抱える問題点を洗い出し、解決するための対策を考えておきましょう。

料金設定には、事業計画の策定が必要です。初期投資や維持管理するために、どのくらいの費用が必要なのか算出します。また投資したものから、売上や利益はどの程度見込めるかも算出しましょう。ワーケーションプランは各地で提供されているため、料金設定の参考にしてください。

ステップ2|補助金制度の利用

ワーケーションプランの導入には、補助金制度を活用しましょう。観光庁では宿泊事業者への支援のため、補助金制度を提供しています。ワーケーションスペースを設置することや非接触チェックインのシステム導入などが補助の対象です。また、都道府県でもワーケーションに対する補助金事業を行っているため、確認しておきましょう。

ステップ3|試験導入する

ワーケーションプランが決定したら、提供する前に試験導入してみましょう。プランに合わせて、個人や家族、会社のチームなどのモニタリングツアーを募集します。モニターの方には事前に了承を得て旅行中の様子を撮影し、宿泊施設のWebサイトやSNSなどへの掲載や発信に協力してもらうのもおすすめです。モニターの方から得た感想や意見を参考にして、失敗のないよう問題点を改善しワーケーションプランに反映させましょう。

ステップ4|受付開始

ワーケーションプランが完成したら、受付を開始します。事前にWebサイトやSNSで告知して、集客に努めましょう。ワーケーションプランを利用したお客様にはアンケートをお願いすると、試験導入では見えない問題点が出てくることもあります。改善し、よりよいサービスの提供につなげましょう。

押さえておきたい!ワーケーションプラン導入の必須条件

①Wi-Fi環境が整っている

ワーケーションプランの導入には、Wi-Fi環境を整えることが必須の条件といえます。ワーケーションではインターネットを使用した仕事が多くなるため、企業や利用者は通信環境の設備を整備してほしいと考えています。セキュリティやスピード面がしっかりと確保された、Wi-Fi環境にしましょう。

②利用時間の融通が利く

ワーケーションプランでは、利用時間の融通を利かせることも大切です。旅行と仕事を兼ねているため、利用者のニーズに合うようチェックインやチェックアウトの時間を変更できるようにしましょう。

③ビジネスセンターを設ける

ワーケーションプラン導入の際には、ビジネスセンターの設置も重要です。ホテルの一角を利用し、高速のWi-Fiや複合機などを備えたビジネスセンターを設けましょう。シュレッダーやレンタルPCを準備しておくこともおすすめします。

また家族と一緒に滞在している場合、客室では仕事がはかどらないという方のために、快適に過ごせる場所が必要になります。ビジネスセンターに作業スペースを確保するのは、利用者に喜ばれるワーケーションプランの一つです。

④仕事に適した椅子やデスクを設置

ワーケーションプランの導入には、仕事に適している椅子やデスクを用意しましょう。客室にある椅子やデスクは、仕事には不向きなものが多いでしょう。仕事に適したものを設置することは、ワーケーションプランの導入において必須のサービスです。

ワーケーション環境づくりをサポートするサービス

Wi-Fi環境構築やオフィススペース設置のための器材レンタルが可能

導入にあたっては、このように設備の検討も必要です。西尾レントオールは、Wi-Fi環境の構築や簡単にオフィスが設置できる器材のレンタルが可能です。ワーケーションのスペース内をLANケーブルなしでネットワーク化すること、トレーラーBOXによる仕事場や仮設トイレの設置などが簡単に行えます。グランピングに使用されるドームテントなどの貸し出しも対応できます。

西尾レントオールでは、「仮設の通信環境下で普段通りの業務を行えるか」「屋外でのオフィスワークによって働く人にどのような影響があるか」「風対策のためには何ができるか」など、ワーケーションを導入する際の各種データや問題点を抽出するため実証実験も企画実施しました。これから導入を考えている方にワーケーション環境づくりをサポートすることが可能です。

お客様が満足できるワーケーションプランを提供しよう

https://unsplash.com/photos/T5pL6ciEn-I?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink

ワーケーションは、今後新しい働き方としての定着が見込めるシステムです。ワーケーションプランを導入することによって収益アップが見込めるだけでなく、地域の活性化にもつながります。宿泊施設の設備や独自のサービス、地域の観光資源などを活かして、新しいワーケーションプランを提供しましょう。

[本メディアは西尾レントオール株式会社が運営しています。]

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード