飲食店を開業したい人必見!

 

キッチンのシェアリングサービスを徹底解説!

飲食店を新規で開業するには経験や知識も必要ですが、多額のお金を準備しなければなりません。知識・経験を十分に備えても、自分の店を開業するには、物件取得や工事費用、設備などで約1,000万円は最低限の費用として、準備しておく必要があるでしょう。しかし、これだけのお金を準備するのは簡単なことではありません。

 

キッチンのシェアリングサービスは、飲食店開業に必要な初期費用が少なくて済む注目のサービスです。これまで培った知識と経験をいち早く自分の料理として提供できるキッチンシェアサービスの利用を検討してみましょう。

 

キッチンのシェアリングサービスとは?

 

複数人共同でキッチンをシェア!

キッチンのシェアリングサービスは「シェアキッチン」とも呼ばれ、ひとつの厨房設備を複数人でシェアしながら料理提供できる飲食店の形態です。キッチンのシェアリングサービスは、大きく分けて2つの経営形態に分類できます。デリバリーに特化したシェアリングキッチンと、店内販売・飲食スペースがあるシェアリングキッチンに分けてそれぞれの特長を解説します。

 

デリバリーに特化したデリバリーキッチン

 

デリバリーキッチンは飲食スペースを持たず、料理する設備のみを提供するサービスです。施設全体がデリバリーに特化しているのが特長です。単独では資金面などで出店をためらってしまう好条件の立地でも、低コストで開業できます。

 

飲食スペースがあるシェアリングキッチン

 

飲食スペースがあるシェアリングキッチンは、店内販売・飲食スペースがある施設です。レストランやカフェなどの飲食店の経営だけでなく、製菓・ベーカリーなどの製造場所としても使用できます。開業の初期費用として必要な飲食スペースのイス・テーブルなどの什器は飲食店が共同で使用するため、低コストでレストランを開業できるのが特長です。

 

デリバリーキッチンとの違いは?

 

デリバリーキッチンとシェアリングキッチンは非常によく似たサービスです。大きな違いは「飲食施設がデリバリーに特化しているかしていないか」といえます。デリバリーに注力したい人が、シェアキッチンに入居すると想定していたよりも必要なサービスや作業が増えたり、ニーズと合わなかったりする場合がありますので注意しましょう。

 

デリバリーキッチンに向いている人は?

 

デリバリーキッチンに向いている人は、よりコストを抑えた運営をしたい人や、複数のお店を運営したい人に最適です。直接料理をその場で提供する必要がないため、シェアキッチンよりもコストを抑えられます。

 

例えばシェアリングキッチンでメニューを変更する際、メニュー表を作り直したり、貼り替えたりと事前準備が必要となるため、その分費用がかかるでしょう。しかし、デリバリーキッチンでは、お店やメニュー表などをお客さんに見せる必要がなく、ウェブ上のメニューを変更すれば簡単にリニューアルできます。また、複数のデリバリーサービスを展開できるため、一人でも異なるジャンルのお店を運営可能です。

 

キッチンのシェアリングが注目されている理由!

キッチンのシェアリングサービスが注目されている背景には、実店舗での料理提供以外にも、インターネットを通じた料理の販売が浸透してきたことなどが挙げられます。またキッチン設備のシェア以外にも、「Uber Eats」などの配送プラットフォームサービスが普及していることも一因です。

 

従来の「実店舗での食事提供」スタイルから「食事の配達」や「フードコート」での食事スタイルに抵抗が少なくなり需要は増加しています。そのため、シェアキッチンで料理を提供する人でも低リスクで店舗運営ができるようになりました。また同業者との繋がりが欲しい人からも、キッチンのシェアリングサービスの支持を集めています。

 

シェアリングエコノミーの普及

 

シェアリングエコノミーとは「モノ・スキル・時間」などを共有する近年注目を集めているサービスです。従来であれば、「モノを所有」するのが常識でした。しかし、「必要なときだけシェアする文化」が世間に拡大・認知を広げていることも、キッチンのシェアリングサービス普及に一役買っています。施設や設備を複数の料理人と共有して低コストで飲食店を経営できる新しいあり方として、注目されているのです。

 

キッチンのシェアリングサービスにはどんなメリットが?

 

さまざまなメリットがある!

キッチンのシェアリングサービスには、資金面や料理人同士のつながりなど、あらゆるメリットがあります。ここでは、キッチンのシェアリングサービスで得られるメリットを、初期費用から新しい選択肢まで4つに分けてそれぞれ解説しますので、チェックしておきましょう。

 

キッチンシェアリングのメリット1:初期費用

 

飲食店を新規で開業するのに必要な費用は、先にも解説したとおり物件取得や工事費用、設備などで約1,000万円が掛かるとされています。キッチンシェアリングの場合は100万円程度の予算で開業できるため、借り入れをしなくても低いリスクで飲食店を開業可能です。

 

キッチンシェアリングのメリット2:低コスト運用

 

家賃や光熱費といった固定費、人件費・食材原価など、毎月掛かるコストを売上から引くと利益がほとんど出ないことも、飲食店経営においては珍しい話ではありません。一方キッチンシェアリングの場合は、利用料のみの低コストで運用できます。

 

キッチンシェアリングのメリット3:横のつながり

 

個人で飲食店を経営すると、孤独になってしまいがちです。キッチンシェアリングの場合、同じ施設を共有する料理人が集まります。そのため、店舗を超えてコラボレーションしたメニューが生まれたり、経営の相談をしたりと、つながりを得ながら飲食店経営が可能です。

 

キッチンシェアリングのメリット4:新しい選択肢として

 

自己資金がない場合、多額の借り入れをして出店するのはリスクが高いといえます。キッチンシェアリングの場合はローリスクで経営できるため、個人のスキルを磨く期間やテスト出店としての利用も可能です。リスクやコストを低く抑えながら開業したい人に最適な選択肢といえます。

 

シェアリング以外の類似サービスとの違い

 

違いを知っておこう!

キッチンのシェアリングサービス以外にも、似ているサービスが複数存在します。それぞれの違いを「キッチン付きレンタルスペース」「間借り」の2つに分けて解説しますので、特長やポイントをチェックしておきましょう!

 

類似サービスとの違い1:キッチン付きレンタルスペース

料理教室やイベント、料理番組の撮影などあらゆる目的に使われる施設です。短い時間で調理設備や場所を借りるため、営業時間を設定して料理を提供することや飲食店の経営には不向きといえます。キッチン付きレンタルスペースは、パーティーから会費制の集まりまで、シェアキッチンとは異なった集客方法での利用に最適なサービスです。

 

類似サービスとの違い2:間借り

 

すでにある飲食店の営業時間外に設備を借りて、料理を提供します。そのため、その飲食店の営業時間外でしか自身の料理を提供できないため営業時間に大きな制約がある一方、オーナーとのつながり次第では安い維持費で経営することも可能です。間借りはコストを抑えられる一方で、売上の上限がキャパシティと比例することや、自分好みの雰囲気を作るのではなく、間借り先の雰囲気に合わせなければならないなど複数の制約があります。

 

キッチンシェアリングのサービスの料金形態や設備の特長!

 

初期費用の目安をチェック!

キッチンのシェアリングサービスを利用するのに必要な初期費用や料金形態、設備の特長などを解説します。キッチンのシェアリングサービスは、時間単位や月単位などあらゆるプランを提供していることが多いため、自分のスタイルに合った契約内容を提供している会社を選ぶのがポイントです。

 

料金形態の特長

 

キッチンのシェアリングサービス提供会社によって異なりますが、初期登録料・利用料のみで設備や施設を利用できるものが一般的です。料金には、消費税や共益費なども含まれており、利用料金はテナント代や家賃と考えるとわかりやすいかもしれません。他にも、1回あたりのレンタル料金+売り上げの数パーセントを利用料として支払うシェアキッチンもありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

あらゆる利用方法ができる!

 

キッチンのシェアリングサービスの利用は、30分や1時間ごとなどの時間単位から半年や1年などの年単位契約までさまざまです。シェアリングキッチンの料金は、場所や借りる時間によって大きく異なりますが、相場としては1時間あたり1,500円〜3,000円でスペースを使用できます。また、週1で営業できる契約などもありますので、利用頻度や自分の目的に合ったプランを提供している会社を探してみましょう。

 

「キッチンベース」の初期費用プラン

 

デリバリーに特化したシェアリングキッチンサービスを提供している「キッチンベース」のプランを参考に、初期費用を解説します。最低限の設備を整えた「ハーフプラン」であれば、初期費用は機材・工事費を合わせて25万〜80万円となります。他にも、初期設備がシンク・フード・手洗い場に加えて自分好みにカスタマイズできる「スケルトンプラン」であれば、機材・工事費を合わせて75万円〜150万円で使いやすい設備にアレンジ可能です。

月額でシェアキッチンを利用できるサービスも

月額の使用料のみで、指定の時間帯・曜日にキッチンを借りられるサービスもあります。「ヒトトバ」を例に挙げると、入会金10,000円に加えて指定の時間帯・曜日で月額30,000円〜40,000円で施設の利用が可能です。提供している会社によって違いがあるので、立地やサービス内容もよく比較してみましょう。

 

キッチンシェアリングサービスのここが気になる!

キッチンシェアリングでよくある質問!

キッチンシェアリングサービスでよくある質問を例に挙げて、気になるポイントをご紹介します。初めてキッチンシェアリングを利用して飲食店を出店したい人が疑問に思うことをピックアップしますので、チェックしておきましょう。

 

よくある質問1:営業開始日までの目安は?

 

利用契約やサービスによって大きく異なりますが、自分の調理スペースへの機材の搬入や工事が必要な場合、3週間〜1ヶ月の期間が必要と考えておきましょう。月額でシェアリングサービスを提供している場合、入会した当日から利用できる場所もあります。

 

よくある質問2:営業時間は?

原則、キッチン利用時間内であれば営業時間はいつでも大丈夫な場合がほとんどです。しかし、デリバリーに特化したキッチンシェアサービス提供元が配送業者を指定している場合は、その限りではありません。月額でシェアリングサービスを提供している場合、契約時に定められた利用時間が営業時間の範囲となっています。

 

よくある質問3:サポートなどはある?

 

多くのシェアリングキッチンでは、仕入れ先の紹介や売上レポートの作成などの経営に欠かせないサポートをしてくれます。しかし、サービス提供会社によってサポート内容は多岐にわたるため、事前に確認しておきましょう。

 

よくある質問4:横の繋がりはある?

 

シェアキッチンでは、同じ料理人同士が「お客様に美味しいものを提供する」という同じ目標を掲げ切磋琢磨すると同時に、協業できる関係を築ける場合が多くあります。そのため自分のお店をオープンしたあとでも、困ったときに助け合える関係性を見つけられるでしょう。

 

シェアリングサービスで賢く開業!

キッチンのシェアリングサービスは、開業するための初期費用・運用に必要となるランニングコストが少ない人気のサービスです。また、複数の料理人が同じ設備で飲食店を経営するため、横のつながりも生まれやすいのがメリットといえます。飲食店開業で気になる資金面や人とのつながりを得られるキッチンのシェアリングサービスを活用して、自分の料理を世に広げる第一歩を踏み出してみましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード